2022年1〜3月期TOP10

SNSマネージャー流行語ランキング委員会が発表する、2022年4月から2022年6月までSNS上で流行した言葉のランキングです。
なお、ランキングは一般社団法人ウェブ解析士協会(東京都新宿区)が認定したSNSマネージャー会員によりアンケートにより選出して作成されました。

    SNSマネージャーが選んだ
    SNS流行語ランキング

    第10位

    2022年1月〜3月期

    生きるwww

    「良くないことがあったときに”死ぬ“と発言するのではなく”生きるwww“と発言しよう」というTikTokの投稿がきっかけ。TikTokの #生きる の視聴回数は2022年3月29日現在1億1千万回視聴。最近は関連ワードとして、「推しは健康に良い」や「生きる」「寿命が延びた」を見かけるようになりました。

    SNSマネージャーが選んだ
    SNS流行語ランキング

    第9位

    2022年1月〜3月期

    タコピー

    タイザン5の漫画作品。少年ジャンプ+で連載し、2022年3月25日完結。
    Twitterトレンドの上位にたびたびランクインし、TikTokの #タコピー は2022年3月29日現在670万回視聴されるなど、単一の漫画にしてはSNS上で大きな盛り上がりを見せました。

    SNSマネージャーが選んだ
    SNS流行語ランキング

    第8位

    2022年1月〜3月期

    韓流・渡韓ごっこ

    韓国ファッション・韓国コスメ・韓流アイドル・韓流ドラマなど勢いが衰えない韓流ブーム。韓国に行けない今、日本にいながら韓国気分を味わえる飲食店メニューやホテルプランが増えています。TikTokの #韓国 の視聴回数は2022年3月29日現在39億回。

    SNSマネージャーが選んだ
    SNS流行語ランキング

    第7位

    2022年1月〜3月期

    ナイッス〜!

    2022年北京オリンピック2022、カーリング日本チームのかけ声「ナイッス~!」がSNSで流行。大一番の米国戦、得点時にSNSでもかけ声があふれました。北京オリンピックパラリンピックが終了した今もSNSで使われる言葉として定着しつつあります。

    SNSマネージャーが選んだ
    SNS流行語ランキング

    第6位

    2022年1月〜3月期

    KPOP第4世代
    (aespa、ITZY、IVE)

    KPOP第4世代のSNSでの活躍ぶりはSNSで特に目立っています。
    特にaespaは2020年11月にデビューした時にはSNSで発表し、PVの再生回数が1億回を越え、トレンドの火付け役としても注目。日本では公式サイトはないものの、TwitterやInstagram、TikTokなどで人気です。

    SNSマネージャーが選んだ
    SNS流行語ランキング

    第5位

    2022年1月〜3月期

    Wordle

    5文字の英単語を推測するゲーム。以前からあったゲームですが、SNS流行のきっかけは2021年12月よりTwitterでのシェアが容易になったこと。類似したゲームが次々と出るという現象を引き起こしています。
    なお、本ゲームは2022年1月にニューヨークタイムズ社に買収され、当面は無料で遊べるとのことです。

    SNSマネージャーが選んだ
    SNS流行語ランキング

    第4位

    2022年1月〜3月期

    真犯人フラグ

    日曜夜の日本テレビ系ドラマ「真犯人フラグ」では、公式サイトが「怪しいと思う人」の投票を募って、その順位を毎週発表するなど、ドラマの考察がSNSで流行しています。
    他、テレビ朝日系・金曜夜の「愛しい嘘〜優しい闇〜」など、謎めいた事件の黒幕などをドラマ視聴者が考察して盛り上がるという現象がSNSで流行しています。

    SNSマネージャーが選んだ
    SNS流行語ランキング

    第3位

    2022年1月〜3月期

    カムカムエヴリバディ

    NHKが2021年11月1日から2022年4月9日まで放送する「連続テレビ小説」第105作。(Wikipediaより)#カムカム のハッシュタグでツイートが増加し、たびたびTwitterトレンド上位に出現しています。

    SNSマネージャーが選んだ
    SNS流行語ランキング

    第2位

    2022年1月〜3月期

    〇〇にゃん・猫の日

    2022年2月22日、2が6つも続くスーパー猫の日とも呼ばれたこの日、2月22日、SNSだけでなく路面店でも猫の日特設コーナーが各所で見られました。にゃんにゃんにゃんの日、猫の日 にかけ、〇〇にゃんという投稿が多くみられました。Twitter公式では特別な絵文字ハッシュタグが用意された。
    また、あと200年で2222年2月22日になることから、#あと200年 というハッシュタグも生まれました。

    SNSマネージャーが選んだ
    SNS流行語ランキング

    第1位

    2022年1月〜3月期

    切り抜き・切り抜き動画

    切り抜き動画とは、すでに公開されている動画を第三者が切り抜いて編集して公開した動画のこと。ライブ配信や長尺動画はアーカイブされないことも多く、要点をかいつまんだ動画として生まれました。
    TikTokでは、#切り抜き が2022年3月29日現在28億回視聴されるなど、広く浸透していることがわかります。
    YouTubeでは著作権者がYouTube上の作品を保護・管理するシステムがあり、作品のコピーが自動判定されると著作権者が申し立てを行うことにより、動画の削除または広告収益を得ることを選べるようになります。


    logo_waca

    TEL : 03-6908-6404
    営業時間 : 10:00~17:00 (土日祝、年末年始など除く)
    〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-14-19 西新宿STビル3階

    ウェブ解析士協会ウェブサイト

    Copyright © WACA. All rights reserved.
    ウェブ解析士は一般社団法人ウェブ解析士協会の登録商標です。無断転用、記載を禁じます。